賃貸オフィスを契約する前に注目!お得な情報を多数紹介中

Menu

オフィスを借りる際には

スーツの人達

事前に確認しておこう

賃貸オフィスを利用している法人は特に首都圏には非常に多いでしょう。賃貸オフィスを借りる場合にはどのような準備が必要で、申込はどのように行うのでしょうか。まずは準備です。現在入居している賃貸オフィスがある場合にはその解約時期や保証金の返還時期、原状回復の費用などを移転予定の6ヶ月前までには確認しておきます。そして希望条件に合う物件を探します。気に入った物件が見つかったら契約条件を確認し、入居の申し込みを始めます。申込書には大抵の場合会社名、住所、代表者名、業務内容、取引銀行名、資本金などの情報を記載します。そして会社案内や登記簿謄本を添付して申込書を提出します。これを基に管理会社やビルのオーナーが信用調査を行います。調査結果に問題が無ければ、契約を結ぶこととなります。敷金や保証金の支払いに加え、手付金を支払う必要がある場合もあるので確認が必要です。契約時には会社実印、会社の印鑑証明書、代表者の印鑑証明書、会社の登記簿謄本等が必要となります。手付金等を事前に振込している場合は、その預り証(領収書)も持参すると良いです。無事契約が済んだら引っ越し日を決定し、社員に通知し引っ越し業者の選定を始めます。プロジェクトチームを結成し社員で梱包するもの、引っ越し業者に依頼するもの等を割り振り、引っ越し当日の作業に遅れが出ないよう計画を立てます。この時点で電話番号等が確定しているのであれば、引っ越しの2週間前には届くように取引先等へ移転案内状を送付します。あとは荷物の梱包と当日の運搬作業をスムーズに終え、新しい賃貸オフィスでの通常業務を再開します。

Copyright© 2017 賃貸オフィスを契約する前に注目!お得な情報を多数紹介中 All Rights Reserved.